夏休みの図書館

夏休みの図書館は、勉強に集中する学生さんやお母さんと児童書を選ぶ子供たちで賑わっていました。

私も子供たちが小さい頃はよく通いました。

読み聞かせがいいと信じていたので、せがまれた事はなかったのですが、自己満足で続けていました。

娘は読書好きという訳ではないのですが、たまに学校の図書館から絵本を借りてきたりしていました。

その中には、大人が読んでも面白いと思うものや、今時の絵本ってものすごく絵や紙質に凝っているものがたくさんあって私も楽しめました。

ちょうど私が長男の事で悩んだりしていた時は、私も何となく娘に愚痴を言ったり相談っぽく話したりしていました。

そんな時、娘が、これ弟の事みたいだねっと言って絵本を借りて来てくれたのです。

「遅咲きのレオ」という本で、百獣の王ライオンの子供のレオは、成長が遅く威厳もないのだけれど、人それぞれ個性と成長の段階があっていいんだよ。

という内容のものでした。

全く構えずに読んだので、その内容に目から鱗と同時に、娘は彼の事をこうやって思っていた事に驚きました。

きっと娘は私よりもっと早く確実に彼の事を認めて信じてくれていたのだと感じてとても嬉しかったです。

何とか高校生になれた彼もついには学生生活を卒業する時が来たのですが、やはりその後の進路はなかなか見つける事ができませんでした。

勉強は嫌い。

かと言って、すぐに就職もしたくないと言うのです。

専門学校で時間を稼ぐのもピンとこない。

本当に最後まで遅咲き路線をまっしぐらな彼。

もうここまで来たら信じて待つのみ。

健康でいられるんだから、生きていればいいかと今では心から思っています。

高校を何とか卒業できた彼は、全く英語もできないのに、カナダへ1年間語学留学へ行き、就学ビザが切れるまでホームステイをして、帰国後また1年日本でバイトをしてお金を貯めて、先月またカナダへ、今度はワーキングホリデーで行きました。

日本では何をやっても結果を出す事ができず、きっと全てがコンプレックスだったのしょう。

何もわからない、誰もいない海外で、どんな心細い思いをしていたのだろうと彼の気持ちを想像するだけで、今でも泣けて来ます。

そんな中で、ホームステイ先のファミリーと暮らし、学校へ行き、色々な国の人たちとお友達になれた事。

それが初めて彼の自信になったようなのです。

帰国後は一度も英語を話しているところは聞いた事がなかったので、カナダでの生活が想像できなかったのですが、学校の成績や通知表を全く関係なく、彼を受け入れてくれたカナダで出会った人たちとはしっかりコミュニケーションは取れていたのだと思っています。

そして、人間としての彼を受け入れてくれたカナダで出会った人たちに本当に感謝しています。

親の心配をよそに、子供たちはそれぞれ自分の道を選択して進んでいける。

居場所は日本だけじゃない。

今の時代は海外にも簡単に行ける。

そこで見たり感じたりしたことは何よりも、確実に財産になる。

この先どうなるのか。

本音は心配でたまりませんが、今日もカナダで元気で暮らしいる。

それだけで素晴らしい。

心の底からそう思えます。

oh.biichan

Processed with MOLDIV

ゲリラ豪雨

こんにちは、アトリエプラスの西崎です。

最近スコールのようなゲリラ豪雨が多いですね。

こう雨が多いと水災などが心配になってきますね。
ざーっと10分くらいのゲリラ豪雨であれば、よほど問題はありませんが
それが長く続くと、溢れる可能性があります。
よくニュースで問題になっていることですね。

マンホールから水が溢れているですとか、川が氾濫したとかですね。

ちなみに水が溢れていて道路が水につかっている場合
その水の中には入らないほうがいいです。

もちろん水自体が汚いということもあります。
怪我をしたら破傷風になる可能性もありますしね

それとマンホールのふたが水圧で外れていることがあり
それに落ちてしまうと大変です。

なので極力豪雨の時は家から出ないようにしたほうがいいですね。

スタッフ紹介 インテリアコーディネーター 関 愛紗実①|岡崎市・豊田市・安城市の一戸建て アトリエプラス

今回は、インテリアコーディネーター関 愛紗実(24歳)をご紹介します。

 

 

・アトリエプラスへの入社理由は?

大手メーカーは、あまり私には向いていないのかなと就活中に感じたとき、たまたま入ったカフェの雑誌で、アトリエプラスの施工事例を見て、素敵すぎるおうちに惹かれたのがきっかけです。

もともと家具や雑貨、インテリアに興味を持っていて、学生時代に独学でインテリアコーディネーターの勉強をしていました。上司から「地元の小さな工務店なので、コーディネーターの仕事は幅広いよ」と面接時に伺い、入社時はひたすら好奇心に溢れていました

 

・現在の主な業務を教えてください。

基本的な業務は、お客さまと外装や内装のお打合せをすることです。3Dパースを見せながら、外壁材や床材、壁紙、造作で作る洗面などのご提案をします。時には、水廻りやカーテンなどのショールームをご案内したり、同行させていただくことも。照明器具や電気配線のお打合せまで、コーディネーターが担当します。

お打合せが終わり、実際に現場での作業が始まると、月に1度、お客さまと現場で立会いを行い、変更事項がないかどうかの確認や、祭事などの手配をするのもコーディネーターの仕事です。

 

・アトリエプラスの3つのスタイル(ナチュラル・モダン・カフェ)をプランニングする際に、こだわったポイントは?

今の時代やお客さまの年齢層に当てはまる、3スタイルを選別しました。建具や床色などは、それぞれのスタイルによってはっきりと印象を変え、イメージしやすくしています。

また、オプション内容を幅広く用意しましたので、規格住宅にも関わらず、完成時には注文住宅のような個性のある家ができあがることがポイントです。

 

インテリアコーディネーター、関 愛紗実のご紹介は、次回に続きます。

回顧録vol.2

夏休みも終わろうとしている中、宿題に追われている学生さんもいるでしょう。

小学6年の姪と、中学2年の甥は、思わず感嘆の声を上げてしまうほどの文句なしの通知表を見せてくれました。

宿題も早々に片付けて、夏休みを満喫しています。

自分の子供はいつも通知表を見る時、ドキドキだったので、学業面では心配なくて良かったと思います。

中学になっても相変わらずマイペースで、勉強は本当に苦手だった長男…。

塾にも拒否され不安と焦りに悩ましい日々を送っていた私とは対照的に、部活に励む日々を楽しんでいた長男。

学業面では全く自信を持つ事ができなかった彼は、部活で体を動かしたり、体育祭や文化祭に命がけで取り組んだりしてバランスを取っていたのだ。と、今なら納得できます。

中学の定期テストもその点数は想像を絶するもので、これは通知表も…。

と、覚悟はしていたのですが、体育以外はオール2。それでもトータルの内申点は19とか21とかだったのですが。

学期末の保護者会で、先生にこの点数で1ではないのか?と聞くと、先生は、授業も寝ずに受けているし、提出物も出す。

発言もしているので、1はつけられないんです。と、若干残念そうにおっしゃいました。

最後にはお友達もいるし、部活も頑張っていて、先生の手伝いもよくしてくれますよ。と慰めの言葉をいただくという恒例になっていました。

しかし、中学3年の保護者会。

高校の志望校を相談する時は、衝撃でした。

先生から公立高校の受験は難しいと言われたのです。

一瞬目の前が真っ暗になりました。

受験ともなればさすがにやる気になるだろうと安易に考えていたのです。

私は公立に合格しなくても、受験はさせたいと申し出ましたが、先生は私立単願の推薦でないと彼が高校生になる道はないとおっしゃるのです。

高校受験にむけて、いよいよやる気スイッチが押され、ロッキーのテーマが流れ、驚くほど勉強に集中し、サクラサク。

私はその可能性を諦めきれず、何度も彼にチャレンジする事を勧めました。

学校では先生に選択を急かされ、家では私に追い込まれ。

彼には辛い思いをさせてしまったと反省しきりです。

悩んだ私が、友達に相談すると、

無理に受験させて、ギリギリの公立高校に奇跡的に合格したとする。そこには不良グループがいて、気の小さい彼は流されて不良になり、暴走族に入り家出するかも知れない。

高校生になって部活頑張るって言ってるんならその方がいい。

と言われたのです。

なるほど。これは彼の人生なのです。

将来の選択肢を増やすため。

受験勉強から逃げるな。

と言うのは、私の意見。

これから味わう挫折も後悔も劣等感も彼が受け止めて、消化していくしかないのです。

友人達はその時私に、生まれた時から見てるけど、彼はいい子だよ。挨拶もできるし、中3男子なのにおばさん達と一緒にしゃべれる。

不良にしたらダメだよと言ってくれました。

勉強が出来ることは、とても良い事。

そのために努力して知識を深める事ができる。

それでも彼のような子もいるし、いてもいい。やる気スイッチがない子もいる。

どこの学校を出ようと、健康でいられる事に感謝できればいいのだと、その時気づく事ができました。

oh.biichan

Processed with MOLDIV

施工事例「古材を使ったカフェテイストの家」後編|岡崎市・豊田市・安城市の一戸建て アトリエプラス

こんにちは、アトリエプラスの菊地桂佑です。

アトリエプラスの家の中から「カフェ」テイストをセレクトされたIさまのお宅を、2回に渡ってご紹介しています。

 

 

古材がお好みというおしゃれなIさま。

1階にあるLDKのワークカウンターとキッチンの吊収納、カップボード上の固定棚には、風合いのある足場板を使い、ヴィンテージ風に仕上げています。

また、洗面台の下の固定棚と、鏡の枠にも足場板を使用。
ご夫婦で美容室を経営されているIさまご夫婦は、ご自宅でもご友人のカットやカラーをすることがあるため、広めの洗面室にもこだわりました。

 

 

見えるところはすべてアメリカンスイッチ。照明のコードを壁の中に隠して配線が見えない施工にするなど、いつでもゲストをお招きできる、素敵な洗面室です。

 

 

スチール階段を上がると、主寝室と子供部屋がある2階へ。2階まで世界観がしっかりと統一されています。

 

 

新しいものよりもUSED、ヴィンテージ感があるものがお好きだというIさま。
素材はアイアンとモルタルがお好みで、家の中の各所に使用しています。また、ウォルナットの色目にもこだわりをお持ちでした。

 

細部までしっかりと味のある雰囲気を演出したことで、Iさま行きつけのカフェよりも落ち着けそうな、素敵なお住まいができあがりました。

 

回顧録

 平成最期の記録的猛暑の夏

まさに刺すような日差しの下を汗びっしょりで歩く部活帰りの学生さん達を見ると、車で送って行ってあげたくなります。

子供たちも学生の頃は、帰る時間を見計らって、着替えとシャワーの準備をして待ち構えていたものでした。

部活が現役だった頃は汗と泥まみれのユニフォームを外で手洗いしてから洗濯機にかけての繰り返し。

二台ぐらいは洗濯機をダメにしてしまっていましたね。

いきなりですが、我が家の長男は、びっくりするほど勉強が苦手でした。

今だったら、学習障害とか言う病名をつけられていたかも知れません。

ちゃんと授業も受けているし、ノートもとっている。

宿題も一緒にやっている時は、ちゃんとできているのに、テストとなると全く点数が取れないのです。

男の子だから、スイッチ入ったら見違えるほどやるようになるよ、と助言してくれる先輩ママ達の言葉を信じて、始めの頃はのんきにしていたのですが、小学校も高学年になるといよいよ焦って来ました。

長女にくっついて、小学校入学当初からそろばんも通っていたし、何か自信を持てるものを。と、習字もスイミングも興味を持った事はやらせていました。

どれも、先生やコーチとはすぐに仲良くなって、かわいがってもらえるのですが、字はいつまでたっても悪い気を放つし、スイミングは通常クラスに夏期講習も冬季講習も皆勤しても、溺れないレベルをキープし続けました。

勉強は中学に入ってさらにわからなくなったら大変だと、お友達に聞いて塾に入れようと申し込み、短期の受講の後、形だけと聞いていた入塾テストを受けたのです。

ところが、塾からの電話で、先生は「わたくしどもでは、息子さんのお力にはなれません。」と、まさかの入塾拒否。

これには相当焦りました。

人並みに頑張って勉強しようとしている彼に力を貸してくれる人はいないのか。

 勉強の仕方がわからない、理解できないという事を実感している彼の方が、私よりも焦っていたに違いないのに。

今となると、受診させたりしてみた方が良かったのかも知れないと思う事もあります。

その頃はなんとか普通に理解できるぐらいの学力をつけないと、何かやりたい事を見つけた時、選択肢がなくなってしまう。

その時の私は、本当の彼の焦りや不安をわかろうともせず、普通のラインに乗せようと、そればかりだったのです。

今となれば、もう少し広い視野で、彼に適した環境を考えて一緒に不安になってあげていればよかったと反省しかありません。

やってもできない事もあるという事を認める事ができなかった。

努力が足りないと、昭和の根性論を捨てられなかった事を今も悔やんでいます。

夏の暑さの中、部活をして、歩いて帰って来るだけで、立派なのです。いい子なのです。

Processed with MOLDIV

oh.biichan.

施工事例「古材を使ったカフェテイストの家」前編|岡崎市・豊田市・安城市の一戸建て アトリエプラス

こんにちは、アトリエプラスの菊地桂佑です。

今回は、アトリエプラスの3つのテイストの中から、「カフェ」をセレクトされた、Iさまのお宅をご紹介します。

 

 

Iさまファミリーは、ご夫婦と息子さん2人の4人家族。ご夫婦は美容室を経営されています。

 

キッチンのモルタル塗装やアイアンを使ったカウンターがある、まるでカフェのようなLDKが目を引きます。

 

 

また、ウォールナット塗装を拭き取り、化粧梁を見せるために、通常よりも天井を上げていることもポイントです。

 

 

古材がお好みというおしゃれなIさま。LDKのワークカウンターとキッチンの吊収納、カップボード上の固定棚には、風合いのある足場板を使い、ヴィンテージ風に仕上げました。

 

 

LDKのワークカウンターは、Iさまが好きなコーヒーショップをイメージ。ショップと同じ高さにカウンターを設置し、朝はここでコーヒーを楽しむのだとか。お子さんの勉強スペースとしても活用されています。

 

一方で、動線や収納力もしっかり。カップボードの下には、既製品のラックや家具を入れる予定です。ダイニングの隣りには大容量のファミリークロークがあり、1階だけで洗濯物を「洗う」「干す」「しまう」が完了するように考えられています。

 

Iさま邸のご紹介は、次回に続きます。

台風が接近していますね

こんにちは、アトリエプラスの西崎です。

今週末は見学会があります。
外観は白い外壁に、ウッドタイルがよく映えるお家です。
インテリアは装飾があり、かわいらしい印象です。
個人的な感想ですが、最近の流行に近いお家ではないでしょうか。

間取りは、吹き抜けがある間取りとなっています。
吹き抜けで開放的なLDKに憧れる人は多いのではないでしょうか

▽これからお家づくりを始める方は是非見に来てください▽

岡崎市上衣文町にて「カフェスタイル モザイクウッドの家」見学会

自然素材の家のお手入れ方法について 2|岡崎市・豊田市・安城市の一戸建て アトリエプラス

 

こんにちは、アトリエプラスの菊地桂佑です。

先月に引き続き、自然素材と暮らすために知っておいてほしいことをお話しします。

 

 

アトリエプラスの家には、様々な自然素材が使われています。

最近では、洗面台に木製のカウンターを使用したいというお客さまがいらっしゃいます。
この場合は、水に強い木を選ぶなど、素材選びの段階から注意しましょう。柔らかく水に弱い木を選んでしまうと、水がはねた後にそのまま放置しておくとシミが残ってしまうことも。もちろん、濡れタオルなどを置きっぱなしにすることも良くありません。化粧水の蓋なども、置くとシミの跡がついてしまうことがあるので気をつけましょう。

 

これまでには、お客さまのご要望で、キッチンカウンターに1枚板の木を使用したケースもあります。木のカウンターの場合、醤油など色がついた液体はシミになりやすので、こぼれたときはサッと拭いてあげましょう。

ただ、水に強い木は値段も高くなってしまいます。値段的に難しければ、木製のカウンター全体にウレタン塗装をする方法などもあるので、ご相談ください。

 

インテリアのアクセントにタイルを使用するお住まいも増えてきました。タイルのお手入れは、目地を漂白系の洗剤で掃除するといいでしょう。

また、アトリエプラスでは、オプションで壁に漆喰を塗ることもできます。
漆喰の壁には、硬い物などをぶつけないように気をつけましょう。
もし、ひび割れが入ってしまったら、水に溶いた漆喰を綿棒などで塗ることで補修できます。漆喰壁を選んだ施主さまには、補修用の漆喰もお渡ししています。

 

自然素材は、使用方法に注意が必要だったり、お手入れに一手間かかる一面があります。そんなところにも、愛着を持っていただけたらと思います。

 

 

新しい商品ラインナップ「カフェ」編|岡崎市・豊田市・安城市の一戸建て アトリエプラス

 

こんにちは、アトリエプラスの菊地桂佑です。

アトリエプラスの商品ラインナップをリニューアルしました。

お家のテイストを「ナチュラル」「モダン」「カフェ」の3つに分け、お客さまが家づくりを進めやすいようにお好みに合わせて選べるスタイルに。

 

3つに共通するポイントは、すべてのスタイルに、ウッド・アート・スタジオのインテリアコーディネーターが選んだ内装のセットがつくことです。

例えば「カフェ」のテイストを選ぶのであれば、「カフェ」用のメインクロスやアクセントクロス、ドアのパネリングデザイン、パーツ、床のバリエーションなどが最初から絞り込まれたセットになっています。
なのでその中からお好みのものを選べば、思い通りの「カフェ」スタイルが完成します。

 

 

アトリエプラスの世界観を知り尽くした、ウッド・アート・スタジオのインテリアコーディネーターが、セット内容を絞り込んでいることがポイントです!

 

今回は「カフェ」のテイストについて。

「カフェ」は自然素材を活かした、素朴なインテリアスタイルです。
トレンドを取り入れながらも、どこか自然に囲まれた田舎のような雰囲気があります。欧米風の伝統的な様式をベースに、手作り感のあるぬくもりを感じさせることが魅力です。

 

例えばIさま邸。キッチンの吊収納に風合いのある足場板を使い、ヴィンテージ風に仕上げました。モルタルのキッチンや洗面室も味があります。

 

 

暗めの色をしたフローリングは、塗装されたリビングドアとも相性抜群。そこにアイアンなどの素材を混ぜて間接照明にもこだわると、今の「カフェ」らしい雰囲気が演出できます。

 

また、イメージは変わりますが、クールなインダストリアルスタイルを取り入れたモデルルームも、落ち着いた「カフェ」のスタイルのひとつです。

 

 

「カフェ」って、幅が広いもの。あなたの好きな1軒に近づけることができるのが、アトリエプラスの「カフェ」スタイルです。