家づくりを通して「災害に備える」

メニューを開く

メガメニュー を開く

自然災害を知る家

これから家を建てるあなたに知ってほしい 家づくりから
自然災害に備える

家づくりと災害への備え、
共通点は「家族の大切な命を守る」こと。

一年を通して自然が猛威をふるい、日本全国で様々な災害の報道がされています。
台風や水害、地震など、二次災害にまで発展することも…。

何が起きても100%大丈夫な家は残念ながら存在しません。
それでも万が一の災害に備えることはできます。
構造計算、耐震性能、ライフラインへの備え。
アトリエプラスでは、ご縁ある大切なご家族のため、
家づくりを通して「災害に備える」ことを提案しています。

『地震で倒壊しない家は無い』
だからこそ、備えあれば患いなし。

私たちは、アトリエプラスの家を「100%倒れない家だ」
と、胸を張って言うことはできません。
なぜなら「地震で倒壊しない家は無い」と考えているからです。
ただ、だからこそ突然やってくる非日常な事態に備えることができるのです。

耐震等級3の家づくり

命を守るためには、避難訓練。
生活を守るためには、耐震性。

もしも、大地震が起きたら…大切な家族の命を守る上で必要になるのは避難訓練です。
地震が起きた際に自宅にいるとは限りません。
家族間での近所や職場、学校などの避難所や避難ルートの把握などが必要です。

そして、災害発生後に過ごす非日常の中で、家財や思い出を守り、少しずつでも日常を取り戻すために、自宅の耐震性能を備えましょう。新築完成後に耐震性能を高めようとすると、大掛かりなリフォーム工事が必要になります。

SAFETY SAFETY

新築を考えた今こそ、災害の備えを考えるとき。

家づくりを考え始めたときが、災害への備えを考える絶好の機会です。
アトリエプラスは最高ランクである最高等級3クラスの家づくりを行っていますが、「災害に強く、備える家こそ、命が守られた先に必要になる。」

私たちはこんな想いから、耐震性にこだわり、
災害に備える家に取り組んでいます。

自然災害に備える家づくり
アトリエプラスの取り組み

POINT 01 耐震性能の裏付け
地震に強くて保険料が安い!
標準仕様 耐震等級3

耐震等級とは耐震性能のランクを表し、検査を受け耐震等級を取得することで評価書が発行されます。
住宅の耐震性が保証されることで、3段階の等級に応じて地震保険料や住宅ローンのコストダウンが可能になります。

地震に強くて保険料が安い!
全棟 許容応力度計算

許容応力度計算とは構造計算とも呼ばれ、建物の強さを床、屋根、柱や梁の一つひとつと全体のバランスから算出します。

地震や風圧に耐えられるかは壁量計算でも調べられますが、壁についてだけでなく、家全体が地震や台風、豪風雨などに対しどの程度強度を持っているか。
アトリエプラスでは手掛ける家すべてにおいて計算していますので、裏付けを確認していただいた上で安心の暮らしを送ることができます。

壁量計算と許容応力度計算のイメージ
太陽光パネルのイメージ
POINT 02 電気の有効活用
太陽光パネルのイメージ
太陽光パネルを標準採用

災害や停電などの非常事態に電力をなるべく普段と変わりなく使えるよう、太陽光パネルをご提案しています。
お家の屋根を電力会社に貸すことで、無料で太陽光パネルをつけられます。
10年間は普段は発電した電力は使うことができませんが、災害時には使用可能。電気料金が若干お値打ちになります。10年後には、完全にご自身の持ち物として譲渡されます。

POINT 03 耐火性能の裏付け
省令準耐火構造のイメージ
全棟 省令準耐火構造

省令準耐火構造とは、建築基準法に定められた性能をもった上で、住宅金融支援機構が定める基準に適合するものです。

  • ・隣近所からのもらい火を防ぐ
  • ・各部屋から火を出さない
  • ・壁や天井からの燃え広がりを防ぐ

など、家と暮らしを守るための仕様の住宅は、火災保険料・地震保険料が割安になるメリットがあります。

省令準耐火構造のイメージ
家族の命の先を、住宅で守る。

家は家族を守るために傷つき、
いつか壊れてしまうもの。
家づくりのタイミングだからこそ
災害に強く、備える家について一緒に考えてみませんか?

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る