日本で家づくりをするプロの知恵を活かした家

メニューを開く

メガメニュー を開く

春夏秋冬を知る家

春夏秋冬 日本の風土を知るからできる 湿気ストレスゼロの
家づくり

日本の家づくりを、三河に住まう皆様へ。
アトリエプラスがつくるのは、
日本の気候に合った家。

四季の彩りをもたらしてくれる日本の気候は、高温多湿であると表現されます。その環境は結露を招き、カビやダニが発生し、健康を害する恐れがあります。さらに建物にとっても、構造が傷み、住宅寿命を縮める原因となります。

そこでアトリエプラスは春夏秋冬を楽しむだけでなく、気候についての理解を深め、100年住み継げるような家づくりを行っています。

『高気密・高断熱』
湿気ストレスを増幅させる。

家づくりを考えるときに耳にする「高気密・高断熱」。
気密性や断熱性を高めすぎてしまうと、湿気の逃げ場を塞ぐことになってしまいます。

そこに必要になるのが「空気の流れ」。家全体をまとまりよく設計することで、快適な暮らしをつくることができるのです。

一年を通して湿気ストレスゼロの家づくり
アトリエプラスの
取り組み

この家とこの暮らしに必要をプラス。
気密性・断熱性との付き合い方

気密・断熱と切り離せないことが、壁内結露。
外気温と内気温の温度差で発生する結露は、日本のように気温差がある環境では構造を傷め、住宅寿命を縮める原因になります。

その解決のために断熱材や工法を選定した結果、全棟採用しているのが「断熱工法 Air断」です。断熱材だけでは動かせない空気の流れを操り、異なる気温や気候でも一年中快適な空間をつくります。

特許取得の最新断熱工法
Air断を標準採用

日本の気候は高温多湿。不快なジメジメを緩和するためには昔から伝わる木造建築にプラスして、建物の中の空気の流れを作ることが必要です。

それを新築時に取り入れ、いつまでも続く快適な暮らしを実現する仕組みが「Air断」。
Air断は家を建てる際に建物の断熱や気流を考え形にする、最新の断熱工法です。一年を通して快適に暮らしていただくため、アトリエプラスではすべての家づくりに取り入れています。

自然の彩りをとりいれた
デザインを楽しむ

アトリエプラスのつくる家は、快適性を追求し、100年住み継げるような家。
それはその家が建つ日本の風土や気候をよく知り、寄り添った家づくりをしているから。

パッシブデザインの考えを取り入れ光や風の周辺環境さえも上手く活かし、シンプルな中にお客様らしさを織り交ぜて質の高い暮らしをデザインすることで、一棟一棟違う表情を見せ続けてくれます。

春夏秋冬を知り、
快適な家をつくる。

日本に建てる家だからこそこだわりたい
日本で家づくりをする
プロの知恵を活かした家。

気候に左右されない、ストレスフリーで
いつまでも快適な暮らしが
あなたを待っています。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る