高低差から生まれるスキップフロアの家

メニューを開く

メガメニュー を開く

お客様の声

高低差から生まれるスキップフロアの家

「帰りたくなる」こだわりいっぱいのお家

お引き渡し後、お客様からのお手紙をいただきました。

ウッド・アート・スタジオの皆様

この度は私共の為にとても素敵なお家を建てて頂きありがとうございます。
初めは不安でいっぱいでした。(主に予算面で)ですが、打合せをしていく中で不安が楽しさになり、最終的には非常に満足しています。
先日、写真掲載確認書について問い合わせがあったとき、「オールOK」と言ったことについて僕の思っていることを、ちょっとお伝えさせて頂こうと思います。
お家に関して、僕たちとして最悪な未来は縁起でもありませんが、ウッド・アート・スタジオさんが倒産することだと思います。

困った時のより所がない、というのは不安なものです。では、それとは反対に僕たちにとって嬉しい未来というのはウッド・アート・スタジオさんが今後も安定していること。なのかな、なんて僕なんかは思ってしまいます。


「継続的にお客さんが付く」ということに関して、僕たちが何故ウッド・アート・スタジオさんにしようと思ったかをお伝えさせて頂こうと思います。数ある工務店からウッド・アート・スタジオさんを選んだのは雑誌やHPで我山さんのお家や、他の施工事例を見て「素敵だな」と思ったからです。

ここにお願いすれば、きっとこんな素敵なお家を創ってくれるだろうと思えました。つまり、それは我山さんや他の方が自分のお家を未来のお客さんである僕たちに「どうぞご覧下さい。ウッド・アート・スタジオにお願いするとこんな嬉しい未来が待っていますよ。」と手招きして迎えようとしてくれたからであり、そうやってご縁が生まれたのかなと想像します。

つまりウッド・アート・スタジオさんに継続的に活躍して頂くためには、僕たちも「どうぞご覧下さい」と言って、少しでも多くの人の目に触れる機会が増えると良いなと思っています。

僕たちのお家よりも素敵な施工事例がいっぱいある中で、ウッド・アート・スタジオさんのお役に立てるかは分かりませんが、僕たちのお家を素敵だと思ってくれる未来のお客さんがもし1人でもいてくれたら、それだけでも1件ご縁ができることになるのかな、と考えている僕は、我山さんがフェイスブックでアップする写真にウチの写真があったりすると、とてもうれしい気持ちになるし、「写真掲載オールOK」と思うのです。


では次に何故僕がこんなにも満足感いっぱいになっているかをお伝えさせて頂きます。

最初は不安でいっぱいでしたが、予算面でも積極的に提案頂いたり、何より打合せが楽しかったですね。もちろん皆さんの人柄もあるのですが、僕たちのイメージが伝わるというのが嬉しかったです。これは他の工務店とも打合せをして非常に強く思いましたね。

他の工務店の方だってイメージが伝わらない、なんてことはないと思いますよ。だっていっぱいお家を建てられていますからね。

ただ「僕たちのイメージ」は伝わらなかった。大事に思うポイントが違うんでしょうね。

あと他にもお家を建てた人と話をしていて思った事もあります。

現場監督と大工さんが現場で言い合いになる。とか納期から一ヶ月遅くなったとか。家づくりを見てきて僕の素人目線で感じた事をお伝えさせて頂こうと思います。

それは「木造の家は融通が利く」です。工場である程度の寸法で切ってきて、現場で合わない時はノミやノコギリで調整できてしまう。

つまり、有る程度の図面でもなんとかなってしまうのでは?と思ったのです。

ですが、ウチに関して言えば大きなトラブルもなく、納期もバシッと間に合った。というようなことから、きっと設計が良いんだろうなぁ、に至ったわけです。

そんなこんなで満足感でいっぱいになった僕としては、ベランダの天井の色が違っていたり、藤本さんの「すみません。ちょっと遅れています。」とかは全部瑣末なことに感じてしまったわけです。

だからちょっとしたミスはドンマイ(気にしなくていいよ)なんです。

このような想いから僕たちはウッド・アート・スタジオさんにお家を建てて頂いたことにとても感謝しています。

今後ともよろしくお願いしたいと思っています。

その他のお客様の声

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る