リビングと空をつなげるウッドデッキがある家

メニューを開く

メガメニュー を開く

お客様の声

リビングと空をつなげるウッドデッキがある家

家族の願いを実現した快適空間

プライバシーを守りながら開放感ある家

家づくりで最もこだわったのは?

主人は家にいても開放感のある、リゾートのような空間を、私はとにかく陽当たりと家事動線、さらに小さくても良いので自分の空間が作れたらと思っていました。父のための快適な個室や、夏の花火大会を眺められるベランダも希望しました。

これだけの希望が叶う家ができるかどうか半信半疑でしたが、最初に提案された図面を見て、本当に驚きました。

それらの願いが実現できている上、「そうそうこんな家に住みたかったのだ」と私達の想いを遥かにこえたプランを提案してもらいました。

家づくりのきっかけを教えてください。

築40年の実家に長らく暮らしていましたが、娘の小学校入学を見越して、新しく家を建てようかと。

同じエリア内で土地を探しましたが、予算、学校区、所在地などの希望どおりの物件はなかなか見つかりませんでした。

そうこうしているうちに、同居していた父が孫のことを想い、建て替えを了承してくれ、土地の問題はクリア。

とにかく、古い木造建築でしたから、陽当たりが悪く、冬場はとても寒い。交通量の多い道路に面していて、騒音もある。

孤立したキッチンや外にある物干し場など、改善したい問題はたくさんありました。

施工業者の選定はどのようにされました? 『ウッドアートスタジオ』に決めた理由は?

ハウジングセンターに足を運び、さまざまなハウスメーカーと接触しました。主人の携帯に何度も連絡があることに辟易とし、適当な土地が見つかると、最初の段階ですでに図面ができあがっていることにも戸惑いました。

その点、『ウッドアートスタジオ』は、まずはどんな家に住みたいかをしっかりとヒアリングしてくれました。

予算の漠然とした不安は、ご紹介くださったファイナンシャルプランナーに相談したことで解消していましたし、施主の立場にたった対応が徹底されていました。

家づくりがはじまり、打ち合わせの進行や建築中の現場で感じられたことは?

毎回の打ち合わせはすごく楽しく、希望をスムーズに伝えやすかったです。娘も『ウッドアートスタジオ』の事務所にお邪魔する時間を楽しんでいました。実際の建築現場では、ベテランの大工さんがとても丁寧に造ってくださいました。

何度も足を運びましたが、その真摯な仕事ぶりに感動しましたね。

実際に住まわれてからのご感想をお願いします。

交通量も多く、人の往来もたくさんある場所ですが、まったくその気配を感じることがありません。

2階の寝室はまるでホテルのような快適な寝心地ですし、外壁をつけたウッドデッキは抜けるような空を眺めることができます。

リビングからも空が見え、室内にいながら、星空の美しさを感じられ、本当に満足しています。

冬は「寒い」が口ぐせだった父も、この家では「暖かいな」と言っています。

洗濯物の一時物干し場や、数歩で物干台のあるウッドデッキに出られるのも時間短縮につながり、わずらわしいと思っていた洗濯干しもストレスなくやれています。

ただ反省点も少しあります。

図面を見て自分が生活しているイメージを何度も思い描いてくださいと伝えられていました。

電気のスイッチやインタホーンの場所はどこにあると便利なのか、キッチンの高さや収納棚の場所など、ことこまかにイメージできていたら良かったのですが、なかなかできませんでした。

暮らしてみないとわからないことは本当にたくさんありますね。具体的には、電動自転車の置き場にはスロープをつけておけば、出し入れが大変ではなかったかもと(笑)。意外に重くて、階段を持ち上げて運ぶのにひと苦労です。

家づくり全体のご感想をお聞かせください。

主人が50代、私が40代という年齢にはいってからの家づくりは、この先の人生をじっくりと立ち止まって考える良い機会になりました。

若い頃に建てていたら、その時を楽しむための家になっていたかもしれません。

ふたりでとことん話あって、人生の設計図も同時に描くことができましたし、たんなる家づくりを超えた人生の節目になったことは間違いありません。家は高額な商品でありますので、思い切りよく、タイミングよく決めることができて満足しています。

その他のお客様の声

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る